• ホーム
  • ツムラの漢方から作るレシピで肌の健康を維持

ツムラの漢方から作るレシピで肌の健康を維持

ツムラの漢方の構成をヒントにして、薬膳のレシピを考えるようにすれば、肌の健康も維持しやすくなります。
基本的には虚実や陰陽の理論に合わせる形で、自らの体質に適合する料理を作ることで、本来の自然治癒力を高めることが大事です。
冷え性の人が体を冷やすナスやスイカを食べ過ぎたり、暑がりの人が唐辛子を多く食べることも、ツムラの漢方を参考にすれば良くないことが分かるはずです。
ツムラの漢方では、体の冷えを取り除くために生姜がよく使われていますが、レシピの中でも応用することができます。
シンプルな冷奴は体を冷やす料理ですが、肌に良いタンパク質が特に多く、脂肪分は少ないのが利点です。
涼性の豆腐の作用を和らげるために、発汗作用や健胃作用に優れる生姜を添えることは、先人たちが編み出した知恵です。
冷やし中華に紅生姜を添えたり、ナスの漬物に練り辛子を入れる方法についても、漢方や薬膳の温補の知恵と共通するものがあります。
生姜は葛根湯にも使われるため、一般的には風邪予防の効果が有名ですが、実際には滋養強壮作用のあるナツメも使われています。
肌に良い薬膳レシピでは、スープの中に生姜やナツメを入れて、発汗とエネルギー補給を同時に行うことも可能です。
生姜の発汗作用で血行が良くなり、肌の老廃物も除去される段階で、ナツメが潤いを補給するのは素晴らしい仕組みです。
お腹が冷えて調子が悪いときには、2000年ほどの歴史がある大建中湯を使うことがあり、ツムラの製品を選ぶこともできます。
この大建中湯の中身には、米で作った飴や乾姜などの体を温める生薬が使われています。
家庭でもできる薬膳のレシピでは、白湯の中に米飴、生姜、ハチミツなどを入れることで、お腹を温めて肌の健康に良い飲み物を作れます。

関連記事