• ホーム
  • 肌と魚とイソフラボンについて

肌と魚とイソフラボンについて

毎日でも食べたくなってしまうのが、ダイエットにも美肌にも良い、魚の食材です。
健康にも良いいうのは周知のとおりであり、皮膚状態をよくするにも役立ちます。
なぜそんなに美容にも良いかといいますと、魚が持っている質の良い油が効果を発揮することになります。
日本人は昔から魚を好んで食べていますが、それだ美しい皮膚状態を維持する秘訣の一つでもあったのです。
サバやイワシにサーモンにブリなど、それらにはたっぷりのオメガ3脂肪酸が含まれているので、人間の皮膚にも健康にもよいことばかりです。
特に美しい肌状態へと導きやすいのは、鮭も外すことはできない種類です。
なんといっても美味しいですし、お弁当のおかずやおにぎりの具材にも重宝しますし、和風でいただくだけではなk、バターで焼いてもかなり美味しくなります。
鮭はいいのは赤い色に秘密があり、それがアスタキサンチンの栄養成分です。
抗酸化力がすごい物が有り、ビタミンEよりも力は上になりますので、エイジングをケアを、鮭を食べて体の中からできることになります。
それに鮭の持つアスタキサンチンは、皮膚への美白効果までもたらします。
ダイエット中に食べたい、美肌効果も高くて、カロリーの低い魚は、さっぱりと食べられるタラです。
魚の中でも脂質がとても少ないですし、カロリーは低カロリーでありつつも、タンパク質はしっかりです。
美肌効果をもたらす成分としまして、イソフラボンも外せはしないでしょう。
イソフラボンを含む食材を食べるようにすることで、お肌の弾力アップと、潤いまでもアップさせることになります。
イソフラボンはエストロゲンと似通った働きをするために、大豆食品などを食べると、美肌効果があると言われるのです。

関連記事